マンション経営で失敗を防ぐ【安定投資で老後ラクラクライフ】

不動産

不動産投資で注意する事は

お金を持っている人

銀行などに現金を預貯金で預けていても殆ど利子もつかないし、かといって株などへの投資は価格の上がり下がりが激しく不安だ、というような人々に、不動産投資は人気のある投資の方法のひとつです。そのなかでも、土地や一戸建ての物件の取引に比べて気軽に行いやすいマンション投資は、多くの人が関心を持っています。共用費などのコストはかかりますが、マンションの建物自体のケアやメインテナンスをしなくても良いので、一戸建ての物件などに比べて扱いやすい面があります。とはいえ、多くのマンションがある中で、どの物件がマンション投資に向いているのかを探し出すのは、必ずしも容易なことではありません。失敗しないマンション投資をするためにも、様々なポイントを押さえた上で正しい物件を手に入れ、運用することが大切です。

失敗しないためにはまずどのような物件を選ぶか、ということが大きなポイントとなります。駅などの公共交通機関にアクセスがしやすいロケーションであるのか、その地区に住む人たちは家族もちが多いのか独身の人たちが多いのか、周囲に商店や学校など生活に必要な場所はあるのか、など、を考慮することは大切です。また、とりわけ中古物件の場合には、築何年であるかということだけでなく、細かい点までコンディションをチェックしておかないと、後々購入前に知らなかったような欠陥が生じてきたりして失敗する可能性がありますので、くれぐれも注意したいものです。このようなポイントに気をつけながら、例えば独身向けの物件では家具などをシンプルかつ機能的にした上で賃料を抑えたり、家族向けの物件では収納スペースを多くとったり、などの工夫をすれば、マンション投資に失敗する確立を低くすることができます。